多部未華子❤(さっぽ君)~I'm happy just to see Mikako's big smiles.
多部ちゃんが笑ってるだけで幸せ。そんな応援ブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


落陽 ものがたり 4
飛火野での撮影を終えてホテルへ戻るバスに乗り込む撮影隊。
cap-sika-502.jpg


後方の席に俳優陣の席がある。 
右側の最後尾席に 綾瀬さんと多部さんが並んで座ってた。

私 落陽は 左側の窓際に座り 多部さんの姿をチラチラと眺めてる。
視線に気がつかれないように注意しながら。
無邪気に綾瀬さんと談笑している姿を見ていると 私が思い描いていた
多部未華子像の数倍も 可愛い事にも気付かされた。
話の内容は 撮休の日に出掛けた 京都伏見稲荷についてのようだが、
聞こえてきた 「あのパン屋さんのアンパン 美味しいよね」という話が
気になったがどこの店の話なのかまでは 聞き取る事が出来なかった。


ふと外を眺めると バスは近鉄奈良駅前を通過する所で信号待ち。
行基像の前にいた観光客が、バスに向かって手を振っている。
中には ピョンピョン跳ねながら手を振ってる女の子も。
そんな姿を見ていた私は 無意識に手を振ってしまった。
その途端 キャーという悲鳴に近い歓声が沸き びっくりした。

あっ  そうか。 今 私は玉木宏なんだ。 
素人のおじさん 落陽が手を振ってるのとは違う事を思い出した。
改めて人気俳優の凄さを再認識した落陽だった。

バスは 奈良駅前を移動して 警察署前の交差点を右折していく。
左手に奈良市役所 そして近鉄線を渡れば ホテルはすぐだ。


バスがホテルの到着する寸前に 今日の予定説明があった。
「朝食は 1階にあるいつもの万葉亭です。 この後のロケは天理駅のホームを使って 
小川先生と堀田イトさんの別れの撮影になります。ですから 玉木さんと多部さんは
朝9時にホテルを出ますので 慌しい朝食になりますが ご協力をお願いいたします。
また 撮影スタッフの集合は8時半です。お間違えの無いように!!
でわ 解散です。 お疲れ様でした。」


どうやら 本当に 例のシーンの撮影らしい。
前回のNHKのファンミーティングで 数分 多部ちゃんを目の前にしただけで
ドキドキし 無口になってしまったのに 今回はそれの比ではない。
嬉しいを通り越して 怖いぐらいだ。
バスを降りていくとき 多部さんが私に 「次のシーンもお願いします」と言いながら
ペコリと頭を下げて行った。
その姿に「はい」としか言えなかった自分を嘆く落陽である。

私は マネージャーに連れられて 朝食会場の【万葉亭】に辿り着いた。
万葉亭さんは 滝のある自然庭園とは全面ガラス で仕切られ、
爽やかな朝の光が差し込むみ 私たちを向かい入れてくれた。

食事も 地元の農家とタイアップした奈良県産の食材を使った料理が多く
中でも ほうじ茶で仕上げた「大和の茶粥」は絶品だ。

肉類に手を出そうと思うのだが、何故か身体が拒否してくる。
美味しそうなおかずに手が出ず 野菜を中心とした料理が
意に反して盛り付けられていくのだ。

ちょうど横に居た 柴本幸さんが、「相変わらず まだ肉立ちですか?」と
聞いてきた。
「ああっ! 柴本さん!」と驚き叫ぶ玉木さ・・・いや落陽。
「そうですけど・・・・・どうしたんですか?
 今朝の玉木さん 変ですよ。 じゃあ この方 誰だか分かります?」
と問いかけてきた。

柴本さんの横で ニコニコと笑う 佐々木蔵之介 さんが立っている。
「し・・・重さんだぁ! さ さ・・佐々木蔵之介さん ですよ ねぇ?」
「おおっ!玉木くん  大正解だよ!」と佐々木さんは拍手を送った。
「もう ふざけないでくださいよ」と ふくれる柴本さん。

ふざけてるつもりは無いのだが、テレビで見ていた俳優さん達が
目の前に突然 現れたら当然の反応だろう。
いや 名前がちゃんと出てきただけでも優秀なのかもしれない。

食事をトレーに乗せて 窓際の席に座った。 近くに佐々木蔵之介さんや
柴本幸さんも腰をかけたいた。

「すいません。私たちもご一緒していいですか?」
綾瀬さんや多部さんらも 現れた。
「どうぞ どうぞ」と 佐々木さんが招きいれる。
この俳優陣との食事。 なんと 豪華な朝食なんだろう!

多部さんの てんこ盛りされたお皿も 豪華さでは負けてなかった
のは 言うまでも無いだろう。
スポンサーサイト


落陽 ものがたり 3
川越の喫茶店で居眠りをしてしまい
目覚めたら 自分が俳優の玉木宏になっていた。

こんな事が あってもいいのだろうか?
しかも 目の前には 大好きな女優である多部未華子さんが
居て 普通に心配してくれてるのだから。

とにかく 自分に落ち着け!と言い含め
やっと 自分の置かれてる状況が見えてきた。

ここは奈良の飛火野。
寒さから想像して 2月ぐらいだろうか?
そして何故か 私の容姿は 玉木宏らしい。
手には 【鹿男あをによし】の最終話の台本があり
周りには撮影隊のスタッフが溢れていて
女優2名もスタンバイしていた。

んん? という事は この後 撮影だよね?
私が主役で 演技しなくちゃいけないんだよね?
台詞は? なんて言えばいいのさ?
このままじゃ 多部さんらに迷惑かけちゃうじゃないか?
それだけは 避けねば!

慌てて 台本を開いた。
赤の蛍光ペンで ところどころがマーキングしてある。
へー 上下に分かれてて 上に場面説明 下に台詞なんだ。
と 変なところに感心してしまった。

次の撮影はどこなんだろう?と考えながら ページをめくっていく。
どのページを開いても 頭の中に画像と台詞が浮かびあがっていくのだ。

鹿男のDVDを何度も見返してた落陽だから 当然の事だったのかもしれない。
台詞も覚える必要も無く スラスラと頭に浮かんでき ホッとした。


「玉木くん 次が 飛火野での最後の撮影だからね!頑張ってよ」
監督らしき男性から声をかけられたが 「はぁ」としか答えられなかった。

「じゃあ リハ行きましょう」
「玉木さん 綾瀬さん 多部さん  お願いします!」
髪やメイクを直してもらっていた女優二人も コートを脱ぎ捨てた。

多部さん 奈良女学館の制服姿なんだ と見とれていると
「玉木さん  お願いします!!」と急かされ慌てた。
cap-sika-675.jpg

まさか こんな形で多部さんと競演出来るなんて・・・。
夢のようだ! いや 自分が玉木宏になってる事自体が 夢のなにものでも
ないじゃないか! それにしても 壮大な夢をみてるよなぁ。
なんて考えてるうちに いつの間にか リハも本番も
終わってしまっていた。
自分自身では 演技なんかしたつもりはないのだが
勝手に身体が演技し台詞を吐き出した。
中身は 素人の落陽とはいえ 俳優玉木宏の能力は残っているようだ。

「じゃあ これで 飛火野ロケ 終了します」という声が響き渡り
拍手と歓声が沸いた。
「この後 一旦 ホテルの戻り 朝食を済ませた後 天理駅に移動します。
 玉木さん 多部さん 出発は9時を予定してますので 宜しくお願いしますね」
「はーい♪」と元気に返事をする多部未華子だった。

天理? 今 天理駅へ行くって言ったよね?
台本は最終話で 天理駅の撮影ってことは あれだよね。
あのシーンに異論を となえまくった私が あのシーンを演じるの?
憧れの多部さんと・・・まさか自分が。
たしか あれが多部さんのファーストキスだったんだよね。
そう考えただけで 落陽の心臓が高鳴った。
その時 「玉木さん 行きますよ!」と冷静な言葉がマネージャーからかけられ
私は正気に戻り 早朝の飛火野をあとにした。



落陽 ものがたり 2
二人の女優は 私に向かって玉木と呼んでくる。
落陽・・・・この名は、多部ブログの中での私の名前であって
ちゃんとした本名がある。
でも 絶対に玉木では無い。
私の頭は 依然 混乱していて 整理がつかなかった。

「多部ちゃん、笑いすぎっ!」
「はるちゃん こそ!」
二人の女優は、私を見ながら ケラケラと大笑いをしていた。
周りにいる人々も ニコニコしている。

そりゃ 綺麗な二人の姿と比較すれば 私の姿を見れば 笑えるのかもしれないが
失礼じゃないか!とも思ったが それよりも なぜ私が 憧れの多部さんの前に
立っているのかの方が気になった。

「おや?なんだこれ?」
ふと私が何かを手に持ってるのに気がついた。

手にしていたのは 青い本だった。 いや雑誌ともいえるようなものである。
厚さにして1センチほどの雑誌。
落陽は この本をネットオークションの中で何度か目にしていた。
ブルー系グラデーションのかかった山々の中央に【鹿男あをによし 10】とある。

「鹿男の台本だよなぁ?」と 自問した。
「えっ! どうしたんですぅ? 寝ぼけてるんですか?」
その呟きを聞いてた綾瀬さんが聞いてくる。

「俺は こんなところで何してんだ?たしか川越でつばさの・・・」
「川越って埼玉県の川越ですか?」
「うん」
「川越なら 私 幼い頃 両親に連れてってもらいました。駄菓子のイメージしか
 ありませんけど」と言いながら笑う多部ちゃん。

この話もどこかの記事で読んだなぁ  どこで読んだのかなぁ?
「本当に大丈夫ですか?」 心配そうに顔を覗き込む多部ちゃん。
「うん。 い いや大丈夫じゃないかも」
「無理しちゃダメですよ。私、監督に知らせてきます」と
カメラマンと打ち合わせをしている監督のもとに 駆けていった。





私は大勢の人たちに取り囲まれた。
あっという間に 背後には椅子が用意され
座るように促される。
「玉木くん 大丈夫かい?」
「熱は無い?」
「風邪?」
皆が心配そうに様子をうかがってくる

背の高い男が 冗談まじりに「自分の名前 分かります?」と聞いてきた。

「名前? 落合陽司(仮名)だけど・・・・・」
(注意  落陽さんの名前は落合陽司では ありません。あくまで小説用の仮名です)

「ええーーっ!なんです その落合って?」
背の高い男は大きな声をあげた。
「だから 俺の名前が・・・・・」
「ちょっと待ってください!玉木さん。 冗談が過ぎますよ!皆さん 心配してるんですよ」
「マネージャーさん 落ち着いてください」
「いや しかし うちの玉木が・・・・」
「大丈夫ですって!」

どうやら 背の高い男は マネージャーらしいと分かった。
右側にいた女性が私の髪にブラシを入れ 目の前に手鏡を差し出した。

何気なく覗き込んだ手鏡を見て 私は愕然とした。
「玉木宏じゃないか!」
鏡の中には 驚いた表情の 俳優玉木宏が写しだされていた。
顔を触ってみる。頬を引っ張ってみた。
さらに目を閉じてみるが 鏡の中でも同じ様子が写されていた。

俺が玉木宏になったの? なんで?なんで?
頭の中を いろんな想像を駆け巡ったが
どれも 結論づけれる物ではなかった。

じゃあ 私がさっき会話してたのは 妄想じゃなく
本物の多部未華子さん? 本当に?
そう理解した途端に 心臓が激しく動き出した。
胸が痛いぐらいに。




 


落陽 ものがたり
「やっぱり運は使い果たしたみたいです」
残念そうに 喫茶どんぐりの樹に現れた さっぽ君が 呟いた言葉だ。

「どの辺りの席なんですか?」
「後ろから数えたほうがいいぐらいの最悪な席ですよ」
そんな会話をかわした多部ブロガーの目の前には
様々なご馳走が並んでいた。
ただ 竹男さんの前を 除いては。

今日は 川越で開催される つばさファンミーティングの日だ。
ファンミーティングの抽選に ほとんどのブロガーが外れたにも かかわらず
多くの多部ブロガーが川越に集まっていた。

うなぎを食べようとしていた一行だったが 席の抽選時間を考慮し

食べるのを断念し 川越市民会館前の この喫茶店に入った。

店内の窓際を占拠したメンバーは つぎのとおりで
竹男 甘茶 タマカン 落陽 奥様  ユニゾン システィーナ あねご さっぽ君の9名だ。


窓から差し込む 日差しの温かさと 対照的なクーラーの涼しさが
私の眠気を誘い始めた。

食事をし みんなでジャンケンをしたのは はっきり記憶があるのだが、
その後の記憶が曖昧になっている。
早朝 広島県から新幹線で移動してきたが、今日の事を考えると
ワクワクして眠る事は出来なかった。
だから 今頃になって眠気が私を 誘ってきたのだろう。


折角 多部ブロガーが集まり 語り合ってるというのに
わたくし 落陽は 徐々に深い眠りにつこうとしていた。

多部未華子に思いを馳せながら 深く 深く。



****************************************


「出番ですよ! 起きてください!」
「はぁ?」 若い男の声で 私は目を覚ました。

「ん?甘茶さん?」
「甘茶? お茶が飲みたいんですか?」
「いや そうじゃなくて・・・・・」
「お茶は 後から持ってきますので とりあえず撮影に行きましょう?」
「撮影に行くって どこへ?」
「冗談はやめましょうよ」 明るく笑う若い男が言い放った。

落陽は 今の状況がまったく飲み込めていなかった。
周りを見回すと 自分がバスの中に居るのが分かった。
「あれ? たしか皆で喫茶店に来て・・・」
「玉木さん  皆さん待ってますよ!」
「はぁ?」 曖昧な返事をした私の腕を掴み引っ張る男。

何がなんだか分からぬまま バスから外に出た。
非常に外は寒く 冷え込んでいる。
「さむっ!」 川越って こんなに寒かったっけ?と思ったが
自分がダウンのベンチコートを着込んでるのに気がついて さらに驚いた。

若い男に 引っ張られながら 歩いていくと 女性の悲鳴が聞こえた。
「何?ひ・・悲鳴?」 キョロキョロ見回すと さらに大きな悲鳴が聞こえてくる。
「ちょっと待ってよ」
「どうしたんですか?」 あれだけの悲鳴が聞こえてないわけないのに
この男は 何も無かったように 聞いてきた。
「悲鳴が聞こえるよね?」
「悲鳴ですか?」と答えながら不思議そうな顔をする男。
「もしかして この歓声ですか?」
「たしかに歓声にも聞こえるけど 悲鳴でしょ?」
「もう からかわないでください! さぁ 予定時間過ぎてますから急ぎましょう」
男は笑いながら  私の背中を押し出した。

あちこちで多くの人々が たぶん私に頭を下げていた。
単なる多部ブロガーの私に なぜ?  こんな不思議な事は無い。

その時 私の背中を押していた男が 大きな声で叫んだ。
「玉木さん  今入りまーす!  お願いしまーす」
「玉木くん!今日も頼むよ」と声が飛んでくる。

その時 私は目の前の光景に驚愕したのだ。
靄のなかに 雄雄しく立ってる一本の枯れた大木。

この木を 私が見間違えるわけが無かった。
それは 紛れも無く 奈良の飛火野に立つあの木である。
コピー ~ IMG_4548

そして その木の横には 綾瀬はるかさんと 多部未華子さんが!

「ありえない ありえない」 私の妄想癖もここまできてしまったのか。
多部さんが 私の夢に登場することは 滅多にないことなのだ。
しかも 奈良の鹿男の撮影現場なんて なんて素晴らしい夢なんだろう。

「玉木さん どうかしたんですか?」 綾瀬はるかちゃんの声で 驚き振り返った。
「綾瀬さん?」
「はい。綾瀬ですよ」と笑うはるかちゃん。
多部ちゃんも その様子を見てクスクス笑いながら聞いてきた。
「今日の玉木さん 変ですよ。もしかして寝起きですか?」
「玉木さんは撮影多いから 疲れてますもんね」とはるかちゃん。

目の前で笑ってる 美女二人を眺めて 声も出せない落陽だった。









126話 
今朝のつばさ は もう見ましたか?

加乃子と竹雄が居間で 話し合うシーン。

つばさ・知秋・千代は 部屋の脇にある廊下で

二人の様子を見守ってました。


これ 見たかも!

Image782.jpg


この撮影を  上の見学窓から見ていました。

時は 6月13日 14時頃。

第1回つばさファンミーティングの開催中でした。


この撮影で セットの隅に座ってる 多部ちゃんらしき女性を

みつけましたが、 今はファンミーティング中のはず。

撮影現場には 来れるわけないじゃん!

似てるけど たぶん スタイリングとか担当してるSTAFFさん

なのかなぁ?なんて思ってました。

でも 見れば見るほど 多部ちゃんです。

そして 知秋だし千代さんです。

撮影OKがでた途端 立ち上がり 裏に消えていきました。

やっぱり 多部ちゃん本人でした。


そんな思い出の ワンシーンでした。


15時すぎにはブロガーみんなで  この見学窓に戻って

見に来たのですが その時は 126話の後半で出てきた

部屋に みんなが入ってきて 

皆で あまたま を食すシーンだったと思います。

階段の上で 出番を待ってる 多部ちゃん。

かわいかったなぁ。

Image851_20090822120640.jpg





多部ちゃんと ドリする?
8/21(金)
みんなでドリする?~ドリカム20周年スペシャル・ライブ~



NHK総合(東) 24:10~25:00
NHK総合(西) 24:10~25:00
祝20周年!!ドリカムライブを多部未華子が案内
 
3/10に東京・国立代々木第一体育館で行われた、
DREAMS COME TRUEのデビュー20周年記念ライブ

「みんなでドリする?DO YOU DREAMSCOME TRUE?
SPECIAL LIVE!」
の模様を、多部未華子の案内でおくる。


一青窈、BoA、mihimaru GTのhiroko、絢香ら ドリカムのナンバーをカバーした
出演者のインタビューも曲中にありました。





出演タレント

Crystal Kay  DREAMS COME TRUE  島袋寛子  BoA  一青窈

平原綾香  絢香  多部未華子  hiroko  上原ひろみ




始まりから 多部ちゃん パーソナリティとして登場。

最初の方には GMSDのPVも交えながらのトークで

多部ちゃんの歌う姿も流れて 多部ファンとしても

冒頭から 満足度100%です。


番組内ではカバーミュージシャンの紹介をしたり ドリカムの曲への想いを

話していきました。


ドリカムが 主役なのは 間違いないけど

見ようによっては 多部ちゃんが主役にも感じる構成です。


ある意味 「朝ドラつばさ」よりも ヒロインらしい仕事だったかもw



まさか 見逃した方 居ませんよね?

録画予約した方は ちょっと期待して見てください。

多部ちゃん 大活躍の50分番組ですから!






ボツ作品
多部未華子イラストを 数枚描きあげて 

ステラにおくりました。



とりあえず 採用されたのは 1枚です。


春先から  「つばさ」放送中の間に イラストを掲載させる!

という公約を掲げて 投稿をはじめて 無事に目標を

達成することが出来まして 満足しています。


それに 6月のファンミーティング参加ブロガーさんから

休憩デスクの上に イラストページが開いたままステラが

置いてあったよ!と聞いて さらに嬉しさ倍増でした。




まぁ 掲載されたイラストはいいとして

たぶん ボツにされたイラストの供養をしなくては

と思い立ち (お盆も終わりましたしね)ました。



原画自体は無くても 自分としては 力作でしたしね。

このまま 消えるのも 切ないし

ブログに 載せようと思います。



まずは つばさと万里ちゃん。
Image105987.jpg
時の鐘をバックに お祭りのハッピを着ています。

前半に出てきた 川越まつりの1コマを イメージして

イラストを描きました。


このイラストを投稿してから 気がついた事なんですけど

ステラのイラスト って  採用はすべて 縦書き構図なんですよね。

横で描いたのが 最大のミスかも。



で、もう1枚。 これも 1ヶ月以上経過したけど

掲載されないので たぶんボツなんでしょう。

ですから これもブログ公開します。


こっちは 吉田桂子ちゃんイラストです。
0907mari.jpg

自分的には このイラスト 可愛くて好きなんですけどね。

ボツにされるなら 吉田桂子ちゃんへ贈れば良かったかな。と 少し後悔。


ただ   もう1枚 描けばいいだけ なんですけどねw



ボツ イラスト様   供養になったでしょうか?  南無・・・・。



ついでに  ブレスト画像を!


 
続きを読む


津波のせいで 沖縄嫌いに?
まじで 画像編集に追われて ブログ記事が書けません。

書きたい事が 一杯あるのに・・・。



そういえば 17日のBS2で19:30放送した つばさ ですが

沖縄の 津波注意情報の発令で  画面の 25%が

津波に影響される沖縄地図が 出っ放しで

多部ちゃんの顔が 隠れまくり。

朝も昼も 仕事の関係で 15分 全て見るのは 難しいから

毎日 夜の BS2を 楽しみにしてるのに・・・。

地図が 気になって 気になって 最悪です。


なにも悪くないのですが 沖縄嫌いになりそうでしたよ。




こういう時は  気分転換が必要ですね。

というわけで こちらをどうぞ!

多部ムーン28

多部ちゃん どーれだ?

すぐ わかるよねぇ(笑

多部ムーンgroup-srd38




画像整理は大変だ
「つばさ」も 撮影終了し 放送もいよいよ ラストスパートですね。


一応 ドラマ録画とは別に 画像も整理しています。

ただ 朝ドラの画像整理ほど 辛いものは無い!


日曜以外は 毎日 新しい画像が追加されていくわけですから。


放送が 始まった日から 毎日 1時間以上かけて

画像整理を してきました。


土スタを見に 東京へ行ったりすると  その日のうちに

整理が出来なくなり 大変な事になります。

なんたって 1日につき 約1時間かかるわけですから


作業を怠ると 膨大な宿題が溜まってしまい

こうなると 8月31日に 夏休みの宿題を必死で片付けてる

小学生の気分になれます。  まじに 辛いです。


まぁ  そんな画像整理をしてきた「つばさ 1週目」から 見直すと

実に 懐かしく感じます。


ココから スタートだったんですよね。

tsubasa-1-001_20090816014828.jpg

この1枚を 始めなければ  苦労しなくても 良かったのにねぇ。

tsubasa-1-009.jpg
この笑顔の後に 初めて オープニング主題歌がながれたんですよね

tsubasa-1-012_20090816020448.jpg


静止画像の集まりに アンジェラ アキさんの歌。

もの凄く 意表をついた オープニングでした。

tsubasa-1-031.jpg
曲が終わると 多部ちゃんのアップから。

tsubasa-1-034.jpg
屋根の上から飛び立つ 多部ちゃん いや つばさちゃん。

この屋根の下で 数ヵ月後に 「あねたま」を皆で食す!と 誰が予想しただろう(笑

tsubasa-1-039.jpg
はちゃめちゃ演出を 今日まで見てきた私が見直しても

時の鐘にのってる つばさちゃん ほど 違和感を感じるものはない!です。

1話をリアルタイムで見たときは 違和感なかったけど

この映像を見直せば 見直すほど 可笑しいです。

tsubasa-1-057.jpg
万里ちゃん 初登場。

そういえば この頃 まだ二十歳で短大生なんだよね。

懐かしいなぁ。


画像整理も こんな楽しみが出来ると思えば

苦労だと思って やってちゃダメですね。


改めて 初心に戻って 残り 約40話の画像整理を

頑張っていこう!と 決めた さっぽ君でした。


やっぱり・・・号泣
多部ちゃん 10ヶ月間 おつかれさまでした。

この 言葉だけは 14日のうちに 残しておきたかったのです。


今日  予定通り  「つばさ」クランクアップしました。

仕事がなければ 渋谷NHKに 行きたかった!

見学窓から 最後の撮影風景を 覗きこみたかったです。



ただ 地方多部ファンには  たびたび東京へ行くわけには ねぇ。

私なんて それでも 行ってる方ですからね。

川越にも3回行ったし 誕生日も  渋谷NHKにも3回行ったし 

ファンミーティングにまで 参加させてもらい・・・・

これ以上 望んだら  バチが 当たるというもんです!


多部ちゃん  当然の事ながら 号泣でしたね。

2週間も前の 川越イベントでも泣いてたぐらいだから

今日 泣かないわけ無いですよね。


多部ちゃんの 涙は  宝石のように輝いてます。

すくい取れば 必ずや高価なお宝になるでしょう!

多部ちゃんの涙付きハンカチを  DVDBOXの中に 限定1枚が封入

なんてスペシャル特典に してくれないかなぁ。

なんて 夢みたいな事 考えないで おかなくちゃw


まだ つばさの放送は 約1ヶ月半あります。

でも 撮影が終わったと聞くと  無性に寂しく感じます。



多部ちゃん おつかれさま。 明日は 家で のんびり過ごしてくださいね!


「つばさ」最終収録=21.8.14-p9
泣き顔も 好きだけど  多部ちゃんの笑顔は もっと素敵だね!


オマケ!48  更新
いよいよ フィッシュストーリーのDVD発売です。

その案内を オマケ!で紹介しています。

3月にあった渋谷HMVの時の衣装ですね。
tabe_add_48.jpg



明日にでも 「つばさ」は クランクアップなのに

HMVが あったのって 「つばさ」の放送開始より 前ですよ。


時間が経つのって 早いなあ。



「劇場でご覧になった方も是非 お手にとってみてくださいね。」


こう多部ちゃんに言われたら  手にとるどころか 購入者が続出しちゃうかも♪



それに2枚組み ってことだから 1枚は特典映像ディスクだよね。

これは かなり期待出来そう。 


今から 9月25日が 楽しみです。

20090319-yahoo-01.jpg



どんな特典が
nhk-songs-013_20090813062203.jpg


前回の つばさDVDの記事から  ある事を 思いつきました


今回 収録されるだろう特典映像は 多少とはいえ

ヒロイン決定など 動画やニュースで公開されていたので

さほど 驚き 感動は 残念ながら無いでしょう。



で、多部ちゃんファンが 熱望する つばさ特典とは

何なのでしょうか?


私としては 放送される事のない 前室でのキャストの様子とか

NG集とか 台詞合わせのリハーサル風景とかの 映像が欲しい。

あと ファンミーティングなんかも いいですね。


特典グッズなんかも つけてくれたら なお嬉しいです

つばさちゃんや あまたま君(多部ちゃんバージョン)のフィギュアとか。




皆なら どんな特典映像・特典グッズが 欲しいですか?

それぞれ 考えてみてくださいね



もしかしたら DVD製作関係者がみて  BOX-Ⅲあたりの特典に

入れてくれたら 嬉しいなぁ。



でも  こんな小さなブログ 製作関係者が見つけてくれないだろうけどw



良かったら みんなの 欲しい特典  教えてください


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


相関図


もうすぐ発売日
「つばさ 完全版」DVDBOXーⅠ が 8月21日に発売です。

そんなん 知ってる! って 言わないのっ。
jktbox01.jpg



今回の特典は こんな感じです。


◦ヒロイン発表(未放送)
◦インタビューとメイキングシーンでつづる
「見どころたっぷり予告編」
◦多部未華子 二十歳のサプライズバースデー(未放送)
◦いらっしゃいませ甘玉堂(未放送)

NHK動画である  コレ見て!MOVIE で流れてたものなんでしょうね。

目新しい特典は 無いみたいですねえ  残念だな。


甘玉堂のてぬぐい とか あまたま君ストラップ とか

つばさちゃんフィギュアなんて 期待してたのに・・・。


価格は¥15,960で 予想の範囲内だったけど

収録話が1~48話で収録時間:約720分+特典映像となると

これだけの時間を見直すのも 大変だなぁ。 


すぐには 購入出来ないけど 私は購入しますよ。

なんたって 我が家は いまだにアナログですからね。

かろうじて DVDレコーダーでは ありますが 元の画像が荒れてちゃ

どうしようもありません。 

HDDの中に いつまでも放置しておくと 画像障害が出て

再生不可能にも なりかねませんので 購入しか

手立てはありません。


それに マイカーの写りこみ場面も BOX-Ⅰ には 収録されて

ますからね。


しばらくは 東京や川越に行く事は無さそうなので

軍資金集めに 集中するつもりです。


地デジでブルーレイの環境のブロガーさんには

必要なさそうですけど。


毎朝 綺麗な多部ちゃんが 見れるのは 羨ましい限りです。



つばさファンミーティング in 川越  エンディング
ヒロインバトンタッチ090318-nhk-003

【出席者】
多部未華子さま(ヒロイン・玉木つばさ役) 
高畑淳子さん(母・加乃子役)
中村梅雀さん(父・竹雄役)
宅間孝行さん(真瀬昌彦役)
松本明子さん(丸山伸子役)
脇 知弘さん(ロナウ二郎役)
畠山彩奈ちゃん(真瀬優花役)
後藤さん (チーフ・プロデューサー)
結城さん (アナウンサーさいたま放送局)


もう イベント開催日から 1週間が経過してしまいました。



6回にわたり更新してきた つばさファンミーティングレポートも

今回で最後です。

更新ペースが 遅すぎで 今更感が 漂いますが

止めておきますかね?

しかし ここまで書いて 止めるのかよ?と

怒られそうなので  ラストを書きあげますね。



多部ちゃんの涙も  質問コーナーを隔てた事で

少し 落ち着きを取戻しました。


5週分の簡単な予告画像を経て

いよいよ キャストから 最後の挨拶です。


全員 席から立ち上がり 前に出てきます

このあたり 結構 いい加減ですので 漏れがおおいかと・・・。


最初は 脇くん 「つばさを よろしく」

松本さん    「つばさを最後まで 見守ってください」

宅間さん    「あっと驚くような ハラハラするような場面がたくさんでてきます」

梅雀さん    「会場を見てると家族みたいです。また川越に遊びにきます」

高畑さん    「撮影は あと2週間です。最後に皆様の力をおかりします」

多部ちゃん   「川越に来るたびに季節を感じ ついつい感極まる場所になりました。
          
           皆様の心の片隅に残る作品になれば良いなあと思っています

           今日は ありがとうございました」

後藤さん     「今日は 本当にありがとうございました  今日来てよかったと思います」



    要約すると こんな感じの挨拶でした。


終わると同時に 会場中にサンバが流れてきました

川越ファンミーティング-03

その曲に合わせて 多部ちゃんがサンバダンスを踊っています。

サンバ衣装は 着てませんけど 私には見えます!

可愛い  セクシー  笑顔満載の多部ダンス♪ 最高です。

舞台幕が降りてきます。 

多部ちゃんの姿が 幕で遮って 徐々に見えなくなり・・・・・


おおおっ!  多部ちゃん  腰を曲げて 幕の下から覗き込んで

手を振ってくれてるじゃないですか!

幕が完全に 降りるまで覗き込んでくれてました。

なんと ファン想いな娘なんでしょう♪


こういうさりげない行動が また惚れちゃうんですよね。


今日一日で   多部患い  かなり進行しました。

絶対安静の領域に突入かぁ? って気分です。



ステージイベントも完全に終了し 竹男さんと共に会場の外に出ます。

あとは 今日のイベントについてのアンケートに答えるだけです。

で、このアンケートを提出すると 記念品がもらえました。


どんな物かというと  ラジオぽてとのステッカーです。

左にぽてと君がマイクを持って立ち 横には 【ラジオぽてと 80.8】と

下には ファンミーティング来場記念と 入っています。




入場時に貰った袋の中に入ってた待ち受け画像の案内も記念です。

これは イベント当日のみGETできるという待ち受け画像。

イベント不参加組のブロガーにも イベント前に案内を貰えたので

何人かには 案内を渡す事が出来て ホッとしました。



さぁ これでイベントも 完全終了です。

出口付近で 落陽夫妻と 再度合流しまして

晩ご飯でも ご一緒に!となりました。


さすがに 川越の蔵造り通り付近は 暗くなってきました。

もう 21時近くですから 当然ですよね。

とりあえず 時の鐘の前を通過した時 

落陽さんが 呟きます。

「昼に来た時は ブランコが水に使って乗れなかったんだ」

「いまなら 水も少なくなり 乗れるかもしれませんよ!」

竹男さんも 落陽さんを誘って移動します。

まだ ブランコの辺りは水がありましたが 昼よりは少ないみたい。

感慨深く 落陽さんはブランコに 乗り  揺られてます。


その時 奥様は  旦那は何やってるのかしら?と思った事でしょう(笑

一応 奥様には説明しときましたよ。

つばさのドラマに重要なシーンで出てくる ブランコなんだとね。

「ブランコのシーン 見たことありますか?」と訪ねたところ

「知りません」と返ってきました。   そりゃ そうですよね(笑
 




その後 ぶらぶら会話しながら  川越駅方向へ歩きます。


その時 落陽さんに 私から ある提案をしました。

「もう一つのブランコに乗りたくないですか? 今から行きませんか?」

甘い誘惑です♪

一応 行く 行かない という 選択肢があるはずなんですけど

落陽さんの答えは 多分 1つしかなかったと思います。

可哀相なのは奥様でしょうね。


夜中に 車に乗せられて わけの分からない 公園へ連れて行かれるのですから。


でも 奥様  笑顔一杯で 黙って 夜の公園に 付き合ってくれました。

落陽さん! 奥様に感謝しないと いけませんよ!


ご飯も済ませて いざ ルート225のロケ地 三鷹台児童公園に着きました。


竹男さんと私は 朝もきてるから 本日2度目です。

車を降りて 黙々とブランコに向かう落陽さん。

奥様は 公園の入り口  電話BOX近くで 旦那様の様子を眺めています。


ブランコを じっと見回し 多部ちゃんが揺られてたブランコに手をかけると

ヒョイと乗りました。

夜の公園で ブランコに揺られるおじさま。

響き渡るブランコの音。

その姿を 見つめる奥様。


不思議空間に迷い込んだ感じで  まさにパラレルワールドです。 

ブランコに揺られ記念撮影を済ませたら  次は電話BOXです。

ここでも 沈黙しながら 受話器をとり感慨深げで過ごしてる洛陽さん。

きっと 脳裏には ルート225の電話シーンが回想されていたんでしょうね。

車に戻る時 「ブランコの場所って意外と傾斜がきつかったんだね」と

いった言葉は印象的でした。

多分 時間にしたら5分程度だったと思います。


でも 落陽さんにしたら 1時間ぐらい居た気分だったかも。

さぁ また川越に戻ります。

もう 時間は 3日に変わってしまいました。

川越駅まで 戻ったついでに  つばさロケ地を通過しました。

多部ちゃんが周波数探しをした 巨大な駐輪場。

斉藤興行のビル。

そして 万里ちゃんがバスに乗った翔太にラジオを渡した場所と

さっぽ君のMYカーが つばさに写りこんだ場所も。


ホテルに到着し 落陽夫妻との別れです。

ココからは 竹男さんと眠気と格闘しながらの二人旅。


でも車中で 今日のイベントを復習してました。

最初 こんな事話してた。多部ちゃんの服は・・。

なんて感じで 2時間のイベントを 改めて脳内再現です。


途中で運転を代わったりしながら 仮眠しながら

朝の7時ごろ 名古屋に到着です。

竹男さんとも これでお別れです。





こんな感じで  さっぽ君の1日は終わりました。

約30時間の旅。


幸せを噛み締めて  1週間経った今でも

まだ 夢の中に居る気分です。




これにて  レポート最終話を締めくくります。


皆さん  約1週間に渡り お付き合いくださいまして

ありがとうございました。


少しは 参加した気分になれたのなら 嬉しいのですが

いかがだったでしょうか?




改めて あねごさま  あねたま ご馳走様でした。

システィーナさん  いろいろあり大変でしょうが 頑張ってください
          歯が治ったら 味噌カツをぜひ 食してくださいね!!

落陽さん  もみじ饅頭 美味しかったです  ブランコも楽しかったですねw
        一緒に行けて良かったです。

落陽奥様  多部ちゃん 吉田桂子ちゃん に 続いてファンになりました。

タマカンさん  一緒に駅で待っていただき 申し訳なかったですね。
          いつもいつも みなさんへの心使い 感服いたします。

ユニゾンさん  やさしさと豪快さを兼ね備えたところ 結構好きです!

甘茶さん    何回も会ってるのに 深い深い記事を書かれる方には見えません。
          (悪い意味じゃないですよ。 凄いなぁっていつも感じるので)
          ほんとに 不思議です。 そこが甘茶さんの魅力なんでしょう。

竹男さん    恋愛談義 かなり面白かったですよね。 また語りあいましょう!
         今度こそ 南アルプスが見えるといいですね    脱雨男!!

rangerさん   当日 来られていたのに  お会い出来なくて 申し訳ない。
          本当に 残念でなりません。
         今回の事で懲りた なんて言わず  またの機会があれば
         皆で交流しましょう!  その時を楽しみにしてます!



他のブロガーさん   また会えるのを楽しみにしてます
            多部ちゃんの輪を もっと広げて 交流しましょう!










 


多部ちゃんのCM (ケンタッキーフライドチキン ゆず辛チキン)
発売日 当日の昼休憩の時間を使い 買いに行きました。

この ゆず辛チキン  実に美味しかった。


それにしても 多部ちゃんの食す演技が

堪らなく食欲をそそります。


チキンにかぶりつく ファーストカットは

もちろんの事ですが

最後の方のカットで

口の中に ゆず辛チキンを 頬張る多部ちゃんが

めちゃ可愛く 幸せそうに見えます。


多部ちゃん=食欲 って 方程式は 間違いないね。


食べすぎて 太りすぎには注意してね

さっぽ君の好みとしては ちょっとばかし ぽっちゃりしてた方が

好きなんで まだまだ 食べてもらっても 構わないんだけどね。



それでは  美味しそうに食べてる 多部ちゃんCMを どうぞ!






tabe-cm-kfc-050.jpg


うーーん  夜中なのに KFCに 行きたくなってきたよ


つばさファンミーティング in 川越  5話
川越ファンミーティング-01-0

キャストから ねぎらいの優しいコメントを頂いた多部ちゃんが  さらに

「あと少しで 家族がバラバラになっちゃうと思うと・・・・・・・」と また号泣。

多部ちゃんの 姿を見て 高畑さんが声をかけ

梅雀さんは 本当の父親のように 「結婚式 行くからね」と

多部ちゃんに言ってました


そんなところで 前回のレポートは終了でした




今回のレポートは 多部ちゃんの涙からスタートです。

感極まり泣く多部ちゃん。

スタッフが持ってきてくれたハンカチで 涙を拭いますが

溢れてくる涙は おさまりません。


そこで MCさんが 気を利かせて 質問コーナーに進行させます。



会場の参加者からきた質問について キャストの面々が答えてくれます

多部ちゃん 大丈夫ですか?と MCも気を配りながら

気分転換な質問をしましょう。

MC 「多部さん、お休みは何をしてますか?」

多部 「映画に 岩盤浴に行きます  買い物にも行きます。
     だいたい外にいます  家には居ません」

MC 「疲れて寝てたりしないんですか?」

多部 「ずーっとスタジオの中で撮影してるので 外の事が分からないので
     外に行き 電車に乗って ボーっとしたりします」


松本明子さんには NHKのど自慢で 「あなた」を歌うので アドバイスを!
なんてのも ありました。


あと 「あまたま」について 教えてください という質問は
竹雄こと 梅雀さんが答えてました

梅雀 「本当に美味しいです。 割っても綺麗だし お芋や小豆の香りも・・・」

なんて感じで 絶品だそうです。

これに関しては 渋谷NHK第1回つばさファンミーティングに参加された

方々は 試食してるので 分かりますよね。


私は 「あねたま」なら 感想かけますけど・・・。

比較は出来ませんが  あねたま も絶品でしたよ。

美味しくて 7個も食べた私が 言うのですから 間違いないです。

(まずいなら さすがに7個は食べれないでしょ? 本当に美味しいんです♪)

素人が 作ったとは 思えない出来栄えでした。


そういえば 梅雀さんが 最後に話してましたが

最近の あまたま は 前のとは 違うそうです。

季節が変ってるので 中に使用する芋の種類が違うらしくて

今は 特別な味になってるそうです。




そして 再び 多部ちゃんへの質問です。


次の質問は 未華子パンドラの箱を開けてしまうような 内容です (笑

MC 「多部さんの 実際の料理の腕前はいかがですか?」

多部 「料理が全く出来ない状態だったので この10ヶ月で めちゃめちゃ上手くなってやる!
って思ってたのですが 時間が無いのと 実家なので母親に頼ってしまい
今日もお昼に ラーメン作って!と頼んで作ったりとか。何も出来ないんです。」

脇 「前室にリンゴがあったんです。そのリンゴも(脇くん)が剥いてたら 多部ちゃんが
   私も剥きたいって言うから やったんですけど  本当に危なかったよね」


多部 「川越で美味しいものですか? えーーっ」  っと言い 悩んだら

 そのまま 考え込んでしまい 多部ちゃん 沈黙。

インタビュー形式なのを すっかり忘れて 多部ちゃん本気で 考えちゃってるよ (笑



食べ物には 目が無い多部ちゃんの姿も 最高でした。





こんな感じで 質問コーナーも終わりです。



この後は 今後の5週分の予告を上映だそうです。

ネタバレされたくない私としては 複雑な心境でした。

でも 上映されたのは いつも土曜日の放送ラストに流れるような

予告ではありませんでした。

1週の中での名場面らしき画像が フラッシュしてるような感じで

どれを見ても 何で? なんで こんな台詞なの?と

期待と疑問が 交錯する予告上映でした。


なんとなく 印象に残った 台詞をメモしたので 少しだけ 紹介します。




翔太「つばきち」  

つばさ「しょーてぃ」

竹雄「なにも無いっていってるだろ」 

加乃子「無理無理  出来っこないって」

斉藤「人生が変わった そんな場所を誰もがもってるのさ」

つばさ「とうさん」

竹雄「これ以上 俺にかかわるんじゃない」

千代「敷居を踏まない」

万里「私の仕事を邪魔しないでよ」

つばさ「大丈夫ですか?」

斉藤「この町を出て行く」

浪岡「これ以上 迷わせないでください」

つばさ「どうして」




メモしたのは ほんの一部です。



これからの放送を見ていけば どんな場面で この台詞が使われるのか?

気にしていくのも 面白いかもしれませんね



いよいよ この 川越ファンミーティングも終わりです。





ラストのレポートは キャストの挨拶からです。

そして イベント終了後の様子です。


レポート6話でエンディングです。

もう1話だけ  お付き合いくださいませ。


でわ レポート5話は このあたりで 終わります。

今回も 読んでいただき 感謝 感謝です!!




つばさファンミーティング in 川越  4話
高畑さんの推薦シーンを紹介です

まずは つばさと加乃子の夜の工事現場で語り合うシーン

「二人ともいい子に育ってくれて」と つばさと向き合い

「だったら どうして出て行ったのよ?」「あの頃の私は息がつまりそうだった」

なんて 台詞がありました。

もう一つは その翌日  つばさと知秋を抱きしめて 加乃子が号泣するシーンです。

キャスト全員  目の前にあるモニターを 凝視して 身動き一つしません。



高畑さんが 「この後 サンバダンサーが踊るんですよ  その時は分からんなぁ」 って

プロデューサーにも言いまくってたそうです。


やっぱ 演じてるキャスト自身も 理解しがたかったんですね。



多部ちゃんを ふと見ると  このシーンを見て 目をウルウルさせていました。

やっぱり多部ちゃんは 感情豊かなんだなぁ と実感できましたね。


梅雀さんと高畑さんは  時折  多部未華子評を織り交ぜてコメントしてました

この 初期の多部ちゃんの顔を見た後でも

「(多部ちゃん)顔が違うよね。」という高畑さんのコメント 

「そうですか?」と 聞き返す多部ちゃん。

するとキャスト皆から 違う ほんと違うと 言われまくりでした。

二十歳の乙女が 凝縮された時間を過ごす事によって変化したと。


で、変ったといえば 知秋の顔だそうです。

この頃 インフルエンザにかかり撮影出来なかったり

食べろ 食べろ と言われ いつの間にか10キロ太ってたんだとか (笑

多部ちゃんも「知秋 本当に 凄いかわりましたよね?」

みんな 笑いまくりです



次は 梅雀さんの推薦シーンです

そのシーンは 玉木家のリビングで 千代と加乃子が言い合うところです。

多部ちゃんが 障子ごと転倒するシーンと言えば 分かるでしょうか?

6-13-0.jpg

最後は 庭に出て泣きすがる竹雄までの 長回しです。

この撮影は 6回ぐらい やり直ししたそうで

ミス一つで 全てが撮り直しになるから大変だったそうです。


多部ちゃんは 皆の話を 聞きながら うなずき笑いまくっています。

  
さぁ 今度は 多部ちゃんから見た 玉木家の推薦シーンです。


つばさが ふられて 落ち込んでる時  家族が順番に部屋を訪れて

声をかけていく17週のシーンです。

tsubasa-99-031.jpg

tsubasa-99-037.jpg

tsubasa-99-039.jpg

tsubasa-99-042.jpg

画像を 見終わると 多部ちゃんに変化が。

「このシーンは・・・・・・」と発言したと同時に 涙声になり。

それでも 多部ちゃんはコメントを続けます。

「つばさちゃんは 私と同じ二十歳なのに しっかりしすぎて 人の事を思いすぎて

リアリティがなくならないか?」と多部ちゃんは心配してた時期だそうです。

そんな時に 竹雄さんの台詞 二十歳の娘は もっと我がままで 自分勝手でいいんだよ」

が グッときたというか 演じてるのも辛かったとコメント。




つばさちゃんとしても つらい内容の週でしたが 女優多部未華子としても

想い悩んでた頃だったようで 涙を溢れさせながら 話していた姿は

忘れられません。


そんな多部ちゃんの姿を見て  梅雀さんと高畑さんから

朝ドラのヒロインを背負うって 大変な事だと思うよ

10ヶ月間 朝から晩までスタジオですからね

二十歳じゃないと あの膨大な台詞は覚え切れませんね。

未華子ちゃんの肩をさわったら パンパンに腫れてて

結構 気をつかってるんだなぁと・・・・・

と 多部ちゃんを ねぎらっていました。


他のキャストは そんな姿を あたたかく見守ってくれてます。

そんな 優しいコメントを頂いた多部ちゃんが ・・・・・・

「あと少しで 家族がバラバラになっちゃうと思うと・・・・・・・」と また号泣。



「結婚式 行くからね」と梅雀さん。

撮影が終わっても この家族は心が繋がってるような気がしますね。




でも この記事を書いてておもったんですけど

まさか  多部ちゃんの結婚話があるんじゃ無いでしょうね?

単なる 撮影が終わっても お父さんだよ って意味の表現だよね?


気にしちゃ ダメだ  気にしちゃダメだ!


という ところで レポート4話を 終了します。

  

5話は 質問コーナーです。 お待ちくださいね。



```````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````````

NHK さいたま放送局で ファンミーティングの記事や動画が少し

見る事が出来るようになりました。


私が書いた内容や記事が  動画で見ると 更に伝わるんじゃないかと

思います。

ぜひ NHKさいたま放送局HPを確認して

平行して 私のレポートを重ねてみてください


私が描いた ラジオぽてと のテーブルのイラストなど  ちゃんと描かれているのか?

あんまり 見比べないでくださいね

  


つばさファンミーティング in 川越  3話
7-9.jpg


お待たせしました。

いよいよ 折り返し地点です。

1日あいてしまいましたので ほんの少し2話の

へ戻りますね。 

イベント内容をつなげるために しっかり思い出してください。


後藤Pの挨拶で幕をあけて  登場したのは ラジオぽてとの3名。

つばさちゃん  ロナウ二郎さん  真瀬さん の3人でドラマみたいに

演じてくれました。

すぐに 伸子さんも合流し 4人揃ったところで 

トークショーの本格的スタートです

まず キャスト一人一人が挨拶。

川越ロケに関する映像上映し その画像についてのトーク。


その後は キャストたちの お気に入りシーンについて。

お気に入りシーン画像を見せて 各キャストが

好きな理由を語りました。


真瀬優花ちゃん 登場!

歌を披露し 可愛いエピソードを教えてくれました。

小1との事で 早めに退場します。

その優花ちゃんと入れ替わりのように 2人のSPゲストの登場です。


その二人とは 玉木加乃子役の高畑淳子さん と 玉木竹雄役の 梅雀さん です。

二人がステージ上に顔をだすと 大きな歓声が沸きました。



先ほどまで用意していた ラジオぽてと用の机を片付けて

椅子に横並びに座ります

座り順は  左から

MC  真瀬  竹雄  加乃子  つばさ  伸子  二郎  後藤P

   となりました。


まずは 梅雀さんの挨拶。

衣装は 甘玉堂の白衣です

「6倍の倍率の中 よくおいでくださいました」と強運の参加者を讃えてくれました。

「この8月からの放送で 竹雄の・・・・・・・・・・・・。とんでもない事になります。」

と これからの展開について 一言程度で説明しました。

どうなる竹雄 って感じになるのかな  

「ハラハラしながら みてください」とのコメントでした


次は 高畑さん。

「朝からロケがあったけど これが川越での最後のロケでした」

イベント前に ブロガーの皆さんと 2日に撮影があるなら見たいと

話してましたが この言葉で 夜中に帰る決心がつきました。


「きゅうりを食べながら川越で撮影したのが 10ヶ月前 懐かしいです」


今日の衣装は きゅうりの時にも着ていた 派手な服です

たしかプロレス風ポスターと 同じ衣装でした。



二人は 同じ学校の演劇科に所属し 高畑さんが1年先輩だそうです。

この人 彼女を連れて って暴露してしまいます (笑


その頃のお互いの印象はどうですか?と聞かれると

梅雀さんは 上の学年の方には 興味なくて・・・とコメント。


そして 高畑さんの方は  よく覚えてるそうです。

梅雀さんのお父さんは 遠山の金さんを演じてて 金さんの息子が居るって

思ったそうです


演劇科では 朝 会ったら ハグで挨拶したり

下の名前を呼び合う変なところがあったそうです。

その時 高畑さんが どんな感じなのか 表現する為に例えます。

高畑 「 未華子ーっ   宅間ーーっ て そういう感じで・・・・。」

宅間 「 宅間は 上の名前ですけど・・・・・。」 会場 爆笑



「一番 しっかりしてるのは 未華子ちゃんだよね」 という梅雀さんの

多部未華子評も ありました。


多部ちゃんに 玉木家両親について聞くと

多部 「本当に最高ですね」

高畑 「本当の事 いいなさいよ!(笑 」

多部 「玉木家のメンバーとラジオの男の目を見てたら ダメなんですよ」


このダメって コメントには これからの重要な展開が絡むそうです

多部ちゃんは このあるシーンの撮影に望む前から メイクルームで

号泣してしまい 何回も演じるのが 無理と判断して 1発で撮影を

したそうです。

多部ちゃんが号泣したシーンの放送は最終週らしいです。

どんな話に なるんでしょうね? 漠然としていて 私にも分かりませんでした。

とりあえず ハンカチは用意しないと ダメらしいですね。


楽しみに待ちたいと 思います。



でわ レポート3話は このあたりで  終わっておきます。 




レポート3話が 公開延期しちゃいます
今夜も レポートの つづきを書こうと ブログに向き合ったのです。

竹雄さん 加乃子さんの 登場で 会場が騒然。

舞台が さらに豪華になりました


なんて感じで 始まり  記事は そこそこ書いたんです。




でもね  でもね  



下書き送信したら  メンテナンス障害で  暫く経ってから

再び接続してください と 表示。

それ以降   管理ページにすら 入れなくなり

記事が開きもしません。

当然 みなさんのコメントへ 返信書き込みしても

送信されず、 しかも書いた返信コメントも消滅。



というわけで TeaTimeさん  rakuyouさん  rangerさん への

コメント返しが 出来ませんでした。

すみません 


もう こんな時間なので  コメントせず 寝させてください。

なんせ起床予定は 6時半なのでw

夜  帰宅し  眠気がなかったら  レポート3話の製作に

かかりますね。


また 期待して 待っててください。


        でわ 多部未華子ブロガーの皆さん   おやすみなさい!

IMG_6786.jpg
ホールの片隅にあった まだ発売日前のつばさCDです。

        




つばさファンミーティング in 川越  2話
MCには ゆうきさとみさん (たぶん こう名乗ってたと思います)

まず キャストの面々が 挨拶です

1人目は つばさ役の 多部ちゃん。

挨拶の最後に 今日はありがとうございました。と過去形にしちゃってました。

次の真瀬(宅間)さんは  5倍の難関を潜り抜けた 強運の皆さん!と言い

客席から その倍率に 驚きの声が!

伸子(松本明子)さんと 二郎役の脇くんが 挨拶しました。


ステージ上の多部ちゃんは、 耳にかかる髪の毛を やたら かき上げてました。

その 仕草が なんとも魅力的です



中央にあった ラジオぽてとデスクの座り位置です。

左から    MC  二郎  真瀬  つばさ  伸子  後藤P

 
川越でロケした名場面を 大型スクリーンに投影です。

電波探しのシーンや 時の鐘のイルミネーション

溺れるシーンなど 流れたわけですが


参加者は 川越市民が多いせいか 見慣れた風景が出てくると

歓声がわきます。

MCから 感想を聞かれた脇くんのコメント

みんな若いですね   年とりましたねえ と 何度も話して

大型スクリーンにアップで写された宅間さんが 俺の事?と (笑 




廃線でのロケ地では  周波数が発見できた後の つばさの最後の走りが

めちゃ早かった! と 松本明子さんが 発言。  追いかけられなかったらしいです。

宅間さん いわく      つばさの走りは伝説だそうですw


そして 宅間さんが このシーンで 多部ちゃんが初めて台詞を噛んだと 発言。

多部ちゃんも 「そうなんですよ!」と のっかってきました。

多部ちゃんのNGで 脇くんが 再び長距離を トロッコ押してくるはめになり

ムッとしましたなんて 言って 爆笑。



クリスマスのシーンでは 深夜まで撮影されたそうです。

あの頃 寒かったという話題では 

「脇くん いつも衣装が Tシャツだったよね」と宅間さん

「あの時は Tシャツに もう1枚 着てました」と 脇君



それを聞いてた多部ちゃんが脇君に

「脇さんって 寒くないんですよね?」と確認のように聞くと

「寒いよ!」  驚いた表情の多部ちゃん。

「だって 寒くないですか?と聞いたら 寒くないって 言ってたじゃないですか?」

「人間関係が出来てない初対面で 寒いなんて 言えないじゃん!」と言われ

大笑いの多部ちゃん。


脇くん 観光グルメ大使のハッピを披露。
太めん焼きそばを絶賛。

食べ物には敏感の多部ちゃん 大きく うなずいてました



さっきの ロケ名場面の中に出てきた 優花ちゃんの捜索で

人で溢れた商店街で「ゆうかぁ!!」と叫ぶ真瀬のシーンは 

川越のメインの通りでお昼ごろに 撮影。

半分ぐらいは エキストラじゃなく 本当の通行人だそうです






その後  各キャストのお気に入りのシーンを紹介

最初に脇くんです。  

ラジオぽてとの屋上で つばさちゃんと話すシーン。

折り鶴のおばあさんのあたりのシーンです

わかりますよね?

脇くんが  あの時  缶に入ったお酒を飲んでるのですが

飲みすぎで 大変なことに。


物は アルコールが微量しか入ってないノンアルコールビールなんだそうです。

でも 酒を飲めない脇くんは 微量のアルコールで酔いがまわったそうで

ベロベロになり 顔も真っ赤に。

だんだん 台詞も言えなくなってしまい

この後のシーンは すべてカットされてたそうです。

でも 多部ちゃん  この後の続きがありました?って  忘れてるしw


そんな酔った脇さんの姿を見て 多部ちゃんは 意外に感じたそうです

ここまで 飲めないとは 思ってもみなかったみたい。




麒麟の川嶋さんとの漫才について、

後藤Pが聞いた 川嶋さんの感想を披露。

田村より やりやすかった とか 言ってたそうです。


役者になる前に  脇くんは 芸人を目指してたけど

笑ってもらえるのが 下ネタばかりで TVには 無理だと挫折。




松本明子さんのお気に入りシーンは、

歌合戦で あなたを熱唱するシーン

ローリーさんの伴奏で練習した。




つばさの撮影前に各キャストにインタビュー取材し 

みんなの得意技を聞いて それを ドラマに使いたい

と思惑があったので と 後藤P。



松本さんは ソロバンが得意と聞き 伸子がソロバンを持つ事に!

宅間さん 「だから 伸子って経理になったんですか?」

後藤P  「そうです」


脇くんの特技は 手品で  病院ラジオの場面で披露。

多部ちゃんはダンスなので 屋上でダンスシーンに使用。





松本明子さんは  旦那役の太川陽介さんのファンクラブに入ってた。

キャッチボールシーンが終わり  太川さんに 撮影アップの花束を渡したら 

「まだドラマに出たいから受取れない」 と 受け取り拒否。

と 言う事で 後半にも 出てくるそうです。




本日 不参加のローリーさんのお気に入りシーンは

真瀬さんが電話を取るシーンで 腕がローリーさんのメガネにあたり

吹っ飛ぶシーンでした。

今 確認したら たぶん15週目の85話 5分25秒あたりだと思います。
tsubasa-85-022.jpg



何回も スロー再生!!  会場もキャストも大爆笑です。


でも メガネが飛んだのよりも 笑えた理由が あるのです。

宅間さんと脇くんが 指摘したのですが

後ろに居る多部ちゃんの 驚き顔が面白いんです!


宅間さんが  もう一度見れますか?と リクエストし

会場にいる全員が 多部ちゃんの顔に注目です。!!

多部ちゃん かなり大きなリアクションしてまして

前より大きな 爆笑を誘いました。   

笑いすぎて お腹痛かったです


ぜひ 録画してる方は 家で見直してください。

かなり 笑えました。


現場では ローリーさんと呼ばない

キャストはみんな 「かずおさん」とか 「てらにし かずおさん」と 呼んでるそうです


宅間さんのお気に入りシーン

何故か ローリーさんと千代さんの熱唱シーン。

宅間さんが出てこないのに・・・・。

スクリーンには 歌ってる時に写りこんだ 客席に ズームイン。


理由は 客席の最後尾に帽子をかぶり白シャツを着用の男で 

実は この男は宅間さんで  隠れてエキストラ出演してたそうです。

これも  探してみる価値 あります。


さっきのは番外編なので  宅間さん お気に入りを もう一つ

優花ちゃんが はやと君との約束を破り 真瀬が怒るシーン。

「お父さんと呼ばれた♪」 「お父さん 怒ってないよーっ」という

あの場面です。



ここで スペシャルゲスト  真瀬優花ちゃん ステージ右から登場。

「バレンタインに宅間さんにチョコあげたら お人形を貰らいました」 と教えてくれました。

チョコは靴の中に入れて渡した。

宅間さんは お返しに 高い人形を渡したそうです。


MCから 宅間さん 実際に息子が生まれたと。

1年も前ですけど。と宅間さん。 溺愛して息子にキスしてるらしいです。




優花ちゃんと真瀬さんで 生歌披露

【焼きイモ グー チー パー】

これは歌合戦で披露した あの歌です。

こんな感じの服をきた 優花ちゃん。
Image185_20090802200547.jpg




多部ちゃんのお気に入りシーン

優花ちゃんの引越しシーン。

ベットを運ぶ脇くん  マジ転びしてた

理由は キャラの個性が出てるから 好き


ローリーさんは 力持ち


優花ちゃん 退場の時間

最後の挨拶  宅間さんに抱えられ 移動する優花ちゃん

まだまだ撮影があるけど・・・・・・と言うと

宅間さんが 来週には終わるよ と教えたら

言い直す優花ちゃん。   挨拶が終わると退場です。


優花ちゃんと入れ替わり  さらに スペシャルゲスト登場


玉木加乃子役の高畑淳子さん と 玉木竹雄役の 梅雀さん です。


このあたりで 2話 終わります。
















箇条書きのメモを参考に 書いてるうちに 記憶を呼び起こしてるから

けっこう間違ってるかも しれません。  

でも 細かい事は 気にしない!  わかちこ わかちこ♪


つばさファンミーティング in 川越  1話
当初 の開演時間は 17:45でした。

が 18:00に変更です。



さすがに 開演時間が迫ってくると 人も溢れてきました。

たしかに 1000人近くはいるみたいです。



システィーナ夫妻は 手作りしてきた 【あまたま】のような和菓子 

通称【あねたま】を スタッフに 差し入れしました。


スタッフの方も どなたにお渡しいたしますか?と確認して快く受取ってくれました。

キャストの方々が 1つでいいから 食べていただけてると いいですよね。



このあたりで 不参加のブロガーさんとは お別れです。

さすがに 21時近くまで 外で待たせるわけには いきませんから

出入り口で 再会の約束をし 別れました。 



会場の中に入ったのは 竹男さん 落陽夫妻 それに私 の4名です。


ロビーから客席に入場する際  白いビニール袋が配布されます

埼玉県が舞台 連続テレビ小説 つばさ  と 青文字で 印刷。

袋の中身は 

①つばさのDVDBOX販売のチラシ  (注意   これは 直接の手渡しです)

全部でBOXが3セット販売されるのですが

全巻購入者に 抽選でオリジナルグッズをプレゼント だそうです。

Image180_20090802163959.jpg

②NHKさいたま放送局が製作したHP案内チラシ

③A4サイズ つばさの番組宣伝チラシ

④NHK プログラムガイド vol.2

⑤NHK番組ガイド 2009 8月

⑥小さな縦型 つばさパンフレット

⑦さいたまごころ№99  7月  特集つばさ(長瀞ロケがおこなわれました!)

⑧つばさポストカード2種類

⑨ななみちゃん どーもくん のシール

⑩アンケート用紙

⑪「つばさ」ボールペン

⑫つばさファンミーティング会場限定待ち受け 案内ポストカード

Image181.jpg


つばさファンミーティング川越会場限定待ち受け は

8月1日の24時までに カード裏に書かれたサイトをひらくと

スペシャルな待ち受け画像がGETできます。

ちなみに その画像は ボールペンの横に見えてる可愛い

ラジオぽてとの面々がついたイラストです。





席につきました。

この市民会館  昔から建ってる会館らしく

客席の間隔が かなり狭い。

隣の方と接近してて かなり窮屈です。

足元に荷物を置くのも つらくて

私の場合は 荷物を膝上にずーっと置いていました。


いよいよ ファンミーティング スタートです。


まず 後藤プロデューサーの挨拶です。

いや 挨拶というよりも 前説でしょうか?


後藤P「私が出てきたということは まだ中でまだ もめてるということでして・・・・・

今日 ロケをしてきておりました」

(どうやら 一部のキャストは 夕方 慌てて ここに来たらしいです)


と始まり  注意事項まで 後藤Pが説明します

1つ目は 石を投げない  避けれないキャストも みえますからw  

2つ目は 席をたたない  トイレに行くなら トイレに行くと分かる姿で行ってくださいw

3つ目は 面白くなくても笑う


こんな感じの 笑いを交えた 注意事項のお話でした。


「そろそろ 真瀬さんがちゃんとズボンをはけたということで 開催します」

と言い残し 後藤Pは 舞台からきえました


会場内には バイオリンやオルガン?の音色で 愛の季節が静かに 流れています


まだ 会場内は ザワザワと落ち着きません。

徐々に 音楽が消えていった途端

アンジェラ アキさんの歌声で主題歌が 大音量で流れます


川越マークの入った幕が上がると 大きな歓声が 沸きました!

ステージ上には  ラジオぽてと と書かれたデスクに座る

玉木つばさちゃん(多部ちゃん)と ロナウ二郎さん(脇くん)

ステージ左には 電話台の前に座る 真瀬社長(宅間さん)。
Image183.jpg

多部ちゃんの衣装は こんな感じでした
Image184.jpg
写真が撮れないので イラストで残しておきました

雰囲気 わかれば いいのですが・・・。

たしか つばさちゃんの 「スペシャル番組 I LOVE 川越を お送りしています」

の台詞で 二郎さんとの 掛け合いがスタート

川越には 美味しいものが なんて内容でした。



そうそう 電話が鳴り 真瀬さんが電話に出て

「はい ラジオぽてとです。 甘玉堂の名物のあまたまが好き」って?

加乃子さん! 店の宣伝はダメです。って叫んでました


ハガキを読んで これは優花ちゃん6歳のお便りでした と つばさが話すと

デレデレになる真瀬さんが 面白かったですね。


さらに つばさが 真瀬さんに (川越の)←この台詞言ってません。

「どこが好きですか?」とつばさが質問すると

「それを 俺に聞くのか?」と 真剣に答えようとする真瀬さん! 最高でした。

ステージのはるか左の出入り口から レポーター役の 丸山伸子(松本明子)さんが登場。


そして そのまま 客席に出て インタビュー形式の質問を開始。


日本語を流暢に話す外人さんが 印象的でした。


そうそう  松本明子(丸山)さんが 「こんにちわ!」と話しかけると

お客さん 皆が 「こんばんわ!」と 言い換えるのが

爆笑をさそっていました。


二郎さんより 真瀬さんの方が 寒いギャグを連発でした。

サンバの曲に合わせての 多部ちゃんの左右に揺れてのダンス

めっちゃ可愛かったなぁ


とりあえず 1回目は このあたりで。

速記メモ 汚すぎて解読が 難航です  汗 汗。



でわ  また  2話で 会いましょう!


つばさファンミーティング in 川越  プロローグ 
みなさま おはようございます!

現地で お会いした9名の皆様

お疲れ様でした。


さて 何から レポートしていいのやら。





まずは家を出たのは 1日の深夜 1時でした。

そして 2時に 竹男さんと合流し 二人旅 スタートです。


最強の雨男を自負する竹男さんを 象徴するように

名古屋の天気は 激しい雨降りでした。



こんな ところから 細かくレポートしてると

いつになっても ファンミーティングに 辿り着かないので

このあたりの内容は 竹男さんのブログにお願いしましょう!


私のブログでは 皆さんが気になってる 昨夜のイベント

つばさファンミーティング in 川越 について

いきなり 始めたいと思います。


まずは 抽選状況から。


場所は 川越市市民会館大ホールです。

座席指定券抽選時間は 14時から。


私たちが到着したのは 13時45分でした。

その時 会場入り口前に集まってたのは

約30名ほどでしょうか。


大ホールの客席は 1000人超えのキャパです。

それなのに こんな人数しか 居ません。

大丈夫なのか? と思ってしまうほどでした。


とりあえず 私は15番目ぐらいに並びました。



ちなみに 他のブロガーは お腹空いた!と

向かいの喫茶店へ

私 一人寂しく 扇子を激しく扇ぎながら 並びます。

抽選は 2つのBOXに 分かれていました

1つは 1人参加用   もう一つは 2人参加用です。

当選ハガキを渡し 抽選します


箱の中に手を入れると

カードサイズの白い封筒が複数あります。

封筒の中には 黄色の座席指定券が在中しています。
Image175_20090802092134.jpg



会場の中 入ってすぐには 質問用紙が置いてあります。
Image176_20090802092206.jpg
記入し提出すると  イベント中に採用されるかもしれないそうです。





ホールの奥 右側には 撮影に使われた 小道具や衣装の数々が展示。




IMG_6768.jpg
右から 翔太のユニフォーム ラジオの男  歌合戦の時の竹雄と加乃子



IMG_6772.jpg
甘玉堂の暖簾 に ラジオぽてとの病院サテライトスタジオ用ポスト
あずき2号プレート  斉藤社長のワイン ブーメラン  さつまいもラーメン
ベッカムのチラシ広告 ホーロー看板など 



IMG_6773.jpg
甘玉堂の屋根にのってる大看板



IMG_6769.jpg
玉木つばさが ラジオぽてとを去る時に残した便箋



IMG_6771.jpg
「つばさ」台本



IMG_6788.jpg
横には 番組に寄せられたメッセージボードです。

この中には 私(さっぽ君)  HIROさん  さんかくさん の
メッセージカードが ありました。

ちなみに 私のメッセージは 『みなさま・・・』の文字のすぐ上です。




IMG_6789.jpg
ロビーには モニターもあり  【つばさ】が常に流れていました


展示は だいたい こんな感じです。


そうそう ファンミーティング参加者限定という スタンプラリーもありました。
配布された用紙は こんなのです。
Image177_20090802120342.jpg

4箇所まわり 完成したのが こんな感じ
Image179_20090802120354.jpg


全て集めて 再び市民会館内のスタッフに渡すと
記念品がもらえます。
でも つばさグッズじゃ無い景品なんですけど・・・・。





プロローグ編は  これにて 終了します。


次は いよいよ ファンミーティングの様子をレポート 致します






川越に集合!
竹男さんと共に川越にやってきた さっぽ君です


時の鐘近くで ほぼ全てのメンバーが

揃い踏みしました



改めて集合メンバーを紹介します


タマカンさん
システィーナさん
アネゴさん
竹男さん
甘茶さん
ユニゾンさん
落陽さん
落陽奥さま
さっぽ君

今のところ9名です


抽選に私だけ列んでいます

みんなは喫茶店へ


指定席抽選は...。


ハガキ当選の時点で運は使い果たしたみたいで

双眼鏡を買わなきゃいけないようです




Copyright © 多部未華子❤(さっぽ君)~I'm happy just to see Mikako's big smiles.. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。