FC2ブログ
多部未華子❤(さっぽ君)~I'm happy just to see Mikako's big smiles.
多部ちゃんが笑ってるだけで幸せ。そんな応援ブログです。
1月25日イベント 外伝
もう 多部未華子フォトブック 『1/25』イベントから 4日も過ぎて

しまいました。


休息していたために 皆さんの記事を 読むことも出来ず

膨大な量の ブログ記事を 必死で読んでる状態ですw


ただ 膨大に読まなくちゃいけない記事があっても

一つ一つの記事に 皆さんのイベントの熱い思いが 感じとれて

心地よい気分で 読んでいます。


しかし 参加者のイベント状況を伝える記事を読んでると

皆さんの記憶力には 驚かされますね


私なんて  全然 記憶に残っていません  汗



マスコミ各社の記事 画像 動画も 出て来て

多部ちゃんの服装も 笑顔も 涙ぐむ所も残され

あー あった あった と 消えかかってた記憶が

戻ってきておりますw



これだけの ブログ報告や ニュースなどを見れば

不参加組みも 多少の共有が 出来たんじゃないかな。

tabe-book-125-001.jpg



イベント内容は  さきほど書いたように 記憶が飛んでおりますので

私に 期待をしないでくださいね。



そのかわり 私の思いや行動などという  全く違う観点から

25日のイベントを 振り返ろうと思います。



この日は 娘9歳と 都内某所をふらふらして 過ごしておりました。

(某所が どこなのか?は  ブログにて書きましたから あえて書きませんけど)


16時ごろ 井の頭公園から 新宿に戻りました。

とりあえず 紀伊国屋さんの場所を確認したいのと

3階の売り場にて整理券と交換しなくちゃと 思ったからです。


高島屋に入り  どこどこ?  もっと奥みたい。

東急ハンズに出ました。 紀伊国屋はどこどこ? まだ奥なの?

さらに 通路を進むと 次のビルへ

やっとの思いで 紀伊国屋へ たどり着きました。

新宿駅から 遠すぎますよ。 ほとんど 代々木駅近くまで着ちゃってるしw


そのぐらい 遠く広い店でした。

行けなかった皆さん  紀伊国屋への道のりを妄想してくださいね。

レジで 整理券を受け取り 7階の会場にも下見で行ってみました。


すると 会場では 芝居が公演中。

公演予定をみると 今日は昼公演で終わり 夜は無いらしい。

と いうことで たぶん この中でイベントがあるんだろうなぁ なんて

勝手に想像して入り口から 覗きこみました。 狭そうだけど大丈夫?



でも 私が見たのは シアターのロビースペースで  本当のイベント会場は

その奥に広がる ちゃんとした劇場内でした。

ロビーで やるわけないのにねェ。

時間潰しに 高島屋を出てすぐにある マックに18時半まで いました。

そして のんびりと 再びシアターへ。

それが 18時55分。

通路には そこそこの人が 並んでました。

でも 私は 引き返しました。

多部ちゃんに もうすぐ逢えると思うと ドキドキしちゃって

心の整理がつかなかった為です。

深呼吸し トイレを済ませ 列に並んだのは 19時10分。


その時 目の前に ボードを持った方が 目の前に来て

「宜しくお願いしまーす」と声をかけていきました。


もしかしてyamarineさん?  でも 若すぎるし???

と考えてると 前方に 堂々と立っておられる紳士と目が合いました。

「さっぽさんですか? わたくしyamarineです」と 気さくに声を

かけてくださいました。

その後 さっきの方が タマカンさんだと 知らされました。

 

これが 多部ちゃんブロガーとの 最初の出会いでした。


ファンは 通路に溢れてますが 番号順に整列しています。

入り口に向かって 左側に 1番から並び  右側通路は後半の数字の方が並びます。

わたしは 90番台。 ですから 左側の終盤でした。


ちなみに 有名ブロガーのメンバーは 20番以内をキープしてたみたいです。



入場が始まり 入り口を通過。 

スタッフに案内されるまま 劇場内の客席に移動。

私の席は 13列目。 yamarineさんが12列目。 システィーナさんの奥様が 14列目。

しかも この3人が 縦に並んで着席してるという不思議さ。


劇場の前方スクリーンには  多部未華子フォトブック・・・・・・

そんなような言葉が( ほら 記憶が定かじゃないでしょw) 映し出されてました。



もうすぐ 多部ちゃんに逢えると思うと また心臓が高鳴ります。

MCの挨拶も終わり  いよいよ多部ちゃんの登場です。

ステージ左の扉から 真っ白なワンピース(襟元は黒ですけど)で 多部ちゃんが

現れました。 会場中 大きな拍手。

私は 姿を見た瞬間  涙が溢れてました。

何故だか分からないけど 涙が止まりません。

今yamarineさんが 振り返ったら  泣いてるのがバレてしまう!

 「さっぽ君 感激のあまり号泣してました」って

ブログに 書かれちゃマズイと思い 袖で涙を拭いました。


イベントの流れは 他のブロガーさんの報告通りでした。


お渡し会に 進み  番号順に進んでいきます。


yamarineさんも 書いていましたが  ファンの方と話しながら 笑ったり 驚いたり

感謝したりしてる多部ちゃんの姿は 印象的でした。


そして 自分達の番がやってきました。 立ち上がったその時

隣にいた青年が 「これ落としましたよ」って 茶色の財布を私に差し出しました。

ありがとう といいながら 受取ったのですが あれ俺の財布じゃない

何気に見た財布の隙間から 新幹線のチケットが見え ハッとしました。


このイベントに 新幹線で来るなんて限られてるはず。

私の前に座ってたのが 愛知県から来てるyamarineさん じゃないですか。

失礼と思いながら 新幹線のチケットを見ると 東京ー名古屋 と。

yamarineさんだ!と確信した私は 10人ほど前に並んでるyamarineさんを見つけ・・・・。


その時  財布が無い事に気が付いたのか 慌てて 席の方へ歩いてきたところに

財布を見せながら声をかけました。


偶然とはいえ  拾ってあげれて良かった♪




この後 多部ちゃんとの遭遇タイムです。

さっぽ親子は 二人並んで 多部ちゃんの前にいきました。

まずは このイベントに 名古屋から来たこと を告げると

大きな目を パチパチさせながら 名古屋からですか?

娘には 遠くから来てくれて ありがと って言ってくれました。

その後も  今朝 この本を ルート225のブランコで・・・・って話もしました。

これには 驚いてました。



多部ちゃんとの会話が終わった時  スタッフの方が来て

もしかして 娘さんの帽子じゃありませんか?と声をかけてきました。

どうやら 娘が 座席から帽子を落としてたようです。


帽子を受けとり 劇場をでます。

出入り口では スタッフが本を入れるための 袋を配布しています。


袋を受取り サイン本を袋に入れ 外に出ます。



すると そこには  さきほど 顔を拝見した タマカンさんとyamarineさんが。

その周りにも 数人の男性。

紹介を受けました。 ユニゾンさん 甘茶さん システィーナさん夫妻 

みなさん 明るそうな方ばかりでした。

ここで  席が3人縦ならびだった奇跡が再び 訪れます。


さっき yamarineさんの財布を 私が拾い   そして 私の娘の帽子を

システィーナさんの奥さんが拾ってくれてたのです。

この つながりは なんなんでしょう?  

しかも 私と 奥様は 外に出るまで 面識すら無かったのですから

これも 多部ちゃんのパワーなんでしょうか?

それとも 多部患い同士は 引き合うのかもしれませんね。




ここで もう一つ エピソードを紹介。

さきほど 出口で受取った本のお持ち帰り袋なんですが

中に フィッシュストーリーの青いチラシが 入っていたのです。

それを聞いて 慌てて中を確認すると 角が曲がったチラシが出現。

あーぁ と がっかりしてると  某ブロガー(あえて 名前は控えますが) の袋から  

さらに 本で押し潰されたチラシが出現。


某ブロガーさん  お互い あれは がっかりでしたよね?

チラシが 入ってるのを 教えてほしかったよ。




そんな こんなで

この後  みんなで 記念撮影しました。


システィーナ奥様  カメラマン ありがとうございます♪




この写真を見れば  ゆらぎ荘の住人が どんな人間なのか分かるでしょうw


でも あえて一般公開はしませんよ。

参加者6人のみの記念品ですから。


5名の ブロガーの皆様  近日中に 例の件 連絡しますね!




あっ!   皆で v (未^V^華) v  ビューン!って 言いながら

再会を誓えばよかったなぁ。    ちょっと後悔。




でわ   かなりの長文記事  失礼しました。














スポンサーサイト







Copyright © 多部未華子❤(さっぽ君)~I'm happy just to see Mikako's big smiles.. all rights reserved.